まじか!

  HOME

セクキャバのブログ


まじか!

パチンコで大勝ち!!
久しぶりに歌舞伎町に
足を運んだ僕。
いつもは最安のセクキャバにしか行けない僕だが今日ばかりはと噂で聞いていた新宿で老舗のプリンセスに足を踏み入れた。
店内に入った第一印象は『ひろっ!』だった(笑)
やっぱ他とは内装も何もかもが違うと正直ビックリした!
席に通されるとボーイさんが寄ってきて
ボーイさん
『〇△◇♯〇?△!w◇!!』
『〇△◇♯〇?△!w◇!?』

「まぢっ!」
「まぢですか!?」
簡単に言うと女の子を選べるセクキャバ。
実際にナンバープレートを
付けた女の子がステージに
ずらーっと並んで
好みの女の子を選んで
その番号をボーイさんに
伝える。
マイクで呼ばれた女の子は
選んでもらったお客さんの
ところへダウンタイム付きの
20分間を楽しめるらしいですw
早いもの勝ちの為、
取れないことも(悲)
ただ60分の3セット。
要するに3回女の子を
選べるチャンスがあること。
説明を聞いているうちに
僕の頭の中では未体験の
セクキャバゾーンが
広がっていき・・・
即断「遊びます!!」
ドリンク無料と言うことなのでビールを頼んだ。
ビールを片手に待つこと1分
音楽とともに後方から
人の気配が・・・しかも大勢。
そしてステージに並び終えると
ライトアップ。
そこには20人以上はいる
様々なタイプの女の子が!?
(みんな可愛い・・・。)
(・・・やばい。)
(選べない・・・汗)
決めかねているところに
ボーイさんが女の子の
番号を聞きにくる・・・
(き、決められない)
そうこうするうちに
次々とステージから
マイクコールとともに
女の子が姿を消していく
『何番の女の子にしましょうか?』
ボーイさんの声で我に返り、
とりあえずステージに
残った番号を言う・・・
後悔。そして懺悔。
確かに言っていた・・
ボーイさんが
『女の子皆いい子達ばっかだから迷ったら駄目ですよ!
とられちゃいますよ!』

その言葉を思い出しながら
悔しがる僕の横から
『失礼します?』
見上げるとそこには
黒髪の少し幼く見える
童顔の女の子が・・・
(可愛い・・・。)
視線を下に向けると
驚愕の推定Hカップ・・・
でかい!!
な、なんだ
このアンバランスな
巨乳娘は!!

たじろぐ僕の横に座り
脚を絡め積極的に会話を
はじめてきました。
話すこと4、5分すると店内
がムードある曲調にかわり
照明も薄暗くかわると
突然、巨乳ちゃんが
体を密着させてきました。
徐々に暗くなっていく照明の中、
テンションが上がる僕の上に巨乳ちゃんが
のっかってきたでは
ありませんか!!
照明が真っ暗になった直後
柔らかく大きなものに
押しつぶされ息苦しくなる・・・
(・・・い、いいかも)

長く?短い一瞬の時間を
巨乳で楽しんだ僕は、
ステージに戻る巨乳ちゃんの
後ろ姿を名残惜しく
見送るのでした・・・・。
会計後次回使えるクーポン券まで頂けました。
60分セットを楽しんだ僕は興奮を抑えつつ友達に電話して居酒屋で友達に熱く未体験のセクキャバ話に花を咲かせ家路に着きました。
そして次回はクーポン券も使えるし友達と一緒に行く事を約束しました(笑)
次の休み以降パチンコ店選びは必然と歌舞伎町近辺なっていた事はいうまでもありませんw






↑ ブログトップへ戻る